新生銀行レイクは総量規制の対象?

総量規制とは?

総量規制とは貸金業者からの借入総額が年収の3分の1までに制限されるというものです。

 

貸金業法という平成22年に完全施行された法律の中に定められています。
貸金業法は多重債務者を救済する目的で施行されたものであり、総量規制の他にも貸金業者への金利の制限や、新規参入条件の厳格化等、貸金業者に対する規制が多く、利用者にとってはありがたい決まりがほとんどです。

 

しかし総量規制ができたことで、貸金業者からの借入が大幅に制限され、大きい金額を借入したいという利用者にとっても影響が出てきました。

 

ただ、総量規制は必ずしもすべての業者や人に適用されるものではありません。
貸金業法や総量規制はあくまでも貸金業者に対するものです。
プロミス、モビット、アコム、アイフル等の消費者金融は貸金業者です。
しかし、レイクは新生銀行が提供しているサービスなので、総量規制の対象外です。

 

つまり、レイクからの借入については年収の3分の1までしか借入ができないという規制はなく、法的にはいくらでも借入が可能ということです。
大きい金額を借入したいという人にとってはとてもありがたいことですね。

 

ただし、いくら総量規制の対象外だからと言って、いくらでも好きなだけ借入ができるというわけではありませんので、ご注意ください。
あくまでも法的な制限がないだけであって、レイクでもきちんと審査が行われ、上限金額は定められます。