新生銀行レイク契約時の必要書類。収入証明書は?

レイクと契約をする際に必要な書類は?

カードローン契約時には、書類の提出が必須となります。
レイクでも例外ではなく、最低限の書類提出は必要です。

 

まずは、全員が提出しなければならない書類として、本人確認書類が必要です。
申し込みをしているのが、本当にあなた自身であることを証明するための書類です。
平たく言えば身分証明書です。
レイクでは下記のものが本人確認書類として認められています。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)

 

外国籍の方は

  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

のいずれかが必要です。

 

もし、運転免許証の住所と現住所が違う場合や、健康保険証を本人確認書類として提出する場合は、上記に加えて現住所が確認できる書類の提出が必要です。
具体的には

  • 住民票の写し
  • 公共料金(電気・ガス・水道等)の領収証

があります。

 

本人確認書類の提出はとても面倒くさいように思われるかもしれません。
しかし最近では郵送で送る必要はなく、PCやスマホから写真を撮って送付するだけでOKなので、それほど身構えるひつようはありません。
無人契約機に行けばスキャナーを使って提出をすることができます。

 

借入限度額が100万円を超える場合、収入証明書が必要!

レイクからの借入で100万円以上の借入をする際には、本人確認書類だけでなく、収入証明書類が必要です。
収入証明書類として認められるのは下記のいずれかとなります。

  • 直近分の源泉徴収票
  • 直近分の所得(課税)証明書

もし上記の提出が難しい場合、給与明細でも認められます。
給与明細を収入証明として提出する場合にはいくつかの条件があります。

  • 直近の3か月以内の連続2か月分を提出
  • 賞与の支給がある場合は過去1年以内のものを提出
  • 明細には本人の氏名・発行年月・発行元名・月収の明記が必要
  • 明細が手書きの場合は社印(社判)が必要

 

お勤めの方は源泉徴収票や給与明細はきちんと保管しておくことが必要ですね。